TAKUYA BOU

現場で活躍する社員たちに、朝日サポートセンターにまつわる
素朴な質問をぶつけてみました。その一部をご紹介します。

Q1. 入社のきっかけは?

単純に「営業」の仕事がしてみたかった、それだけです。

もともと、朝日新聞販売店の社員だったんです。新聞配業務などの実務を担当していました。そんなある日、バタバタと業務をこなしていると、所長から「朝日サポートセンターの営業研修に行ってみないか?」と突然のお声掛け。当時は会社の名すら聞いたことが無く、何の会社か解らないような状況でしたが…(笑)、「営業」の仕事が出来ると聞いて、すぐに興味が湧きました。実際にやってみたらフィーリングもバッチリ! 気づいたら転職を決めていましたね。

Q2. 入社して良かったことは?

営業現場は、日々「出会い」と「発見」の連続。

他の社員さんに迷惑をかけないよう、どうやったら作業効率を高めることができるか…日々、孤独な戦いが続く毎日が一転。「朝日サポートセンター」に入社したことで、僕の人生そのものが劇的に変化を遂げました。今は如何にお客様の本音を引出し、お客様に信頼頂くか…仲間と共に切磋琢磨し、営業の醍醐味や楽しさを味わいながら、日々「成長」を感じています。もちろん、現場では思うように話が進まないとも多々ありますが、今では「成長の機会」だと、前向きにとらえることが出来るようになりました。

Q3. 現在の目標を教えてください。

ずっとこの場所で、1番であり続けたい。

お客様との会話を円滑に進めるには、事前準備が何よりも大事。こう来たらこう返す、といったシミュレーションを毎日必ずやります。それは、研修課時代のOJTなどを始め、先輩方と一緒に仕事をする中で身についてきた大切な習慣です。そして、この会社で部署やチームを越える心強い仲間に出会えたこと、ビジネスパーソンとして自身を見つめ直すきっかけを頂いたことに心から感謝しつつ、その恩返しではありませんが、体が動く限り一人でも多くのお客様に朝日新聞の魅力を伝えて行きたいと思っています。