YUKI KATO

現場で活躍する社員たちに、朝日サポートセンターにまつわる
素朴な質問をぶつけてみました。その一部をご紹介します。

Q1. 入社のきっかけは?

友人の何気ない一言が、すべての始まり。

前職で広告代理店に勤めていたのですが、酷いときには夜中の3時まで仕事が終わらない様な過酷な環境で、日々業務をこなしていました。あまりに仕事に縛られる生活が続くため、転職を考えていたある日、友人から「ウチの会社、来る?」と、何気ない一言。「新聞営業」という未知の業界ではありましたが、勤務時間や給与体系の話を聞いているうちに、興味が湧いてきました。前職でも営業の経験があったので、転職にはあまり不安を感じませんでしたね。

Q2. 入社して良かったことは?

12時出社で残業なし。実はこれ、ホントの話なんです。

仕事に拘束されつづけた反動からか、勤務時間の説明を聞いたとき、正直「そんな都合のいい会社が、本当にあるのか?」と、面接官の方を疑ってしまいました(笑)。でも、これは本当の話。月に1~2回ある会議の日程を除けば、全ての日程が現場直行で、しかも12時集合。早起きが苦手な僕にとって、これほど有難いことはありません。また、ウチの会社は「人間関係」が最大の魅力です。百聞は一見にしかず、皆さんも一度朝礼に参加してみてはどうですか?

Q3. 現在の目標を教えてください。

「お互いに切磋琢磨し合える関係って、良くないですか?

僕たちの仕事には、どんなお客様にもアプローチできるよう、日頃からいろんなことを吸収し、常 に成果を上げようとする「向上心」も大切ですが、何よりもまず、お客様から自分自身に興味を持ってもらうための「人間力」が必要です。今の目標は、この「人間力」に一層磨きをかけること。そして、プライペートでも一緒に旅行に行けるような関係の仲間達と一緒に、お互いが「人間力」を高め合えるような存在であり続けることですね。たまに、喧嘩することもありますけど(笑)